2006年09月13日

最初の一歩

税理士事務所に勤めて二十数年、実務はそこそこできるため、お客様の信頼もそれなりにある。税理士試験も受けてはみたが、半ば投げ出したような格好で、ぐうたらな生活を送る毎日。けれど、士業はやはり資格。これじゃぁいかんぜ!せっかくの信頼に応えるため、基盤をきっちり固めたい。そういうわけで、税理士試験に再チャレンジすることにしました。2007年は法人税、2008年は酒税ともう一科目合格します。

いよいよ、明日からTACで授業だ。
8月末にガイダンスに出て以来半月ぶり。
その間、ぐうたら生活に決別すべく、読書生活にひたる。とにかく、机に向かって勉強するという生活習慣をつけようと思ったのだ。
手にした本がなぜか、「サハラに死す」「海に沈む太陽」など、若者が世界に向かってチャレンジするような話ばかりで、ずいぶん刺激になった。また、たまたま本屋で目にした「夢をかなえる勉強法」という司法試験のカリスマ先生である伊藤弁護士の本も買ってきて読んだ。
その先生の講座では、まず合格体験記を書かせるそうで、このブログもタイトルを合格体験記としたかったが、税理士法違反になるとこまるので、上のようなタイトルにした次第。
想定合格体験記では、来年夏、法人税法を受験、合格し、再来年は、好きな酒税ともう一科目(たぶん相続税法)を受験、合格することになる。
どんなことがあろうと、一日最低2時間は勉強することを決意した。
が、そういかないこともあって、そんなときは、絶対にその週のうちに不足分を補った。
計算は、個別問題を中心にスピードを重視し、理論は研究に走らず、専門学校の理論集を徹底暗記した。
そんなわけで、わずか2年で税法3科目合格し、晴れて官報に公告されたのである。めでたしめでたし。

過去の経験によると、私はついつい研究に走ってしまい、受験を忘れてしまう。
これは、受験生にとっては最悪だ。
法人税法でいえば、益金損金の概念に深入りしてしまうのである。
今度は絶対にそうならないようにしよう。
受験の目的を見失わないように、常に、「合格」の二文字だけを念頭に受験生活を送るのだ。
また、伊藤先生は、「意地」では合格しないと断言されていた。合格後の自分を想定しないと夢はかなわないといわれるのだ。
合格後の自分、これは、難問だった、三日三晩考えた。
見つけた答えは、
「これまで実務で培ってきたお客様の信頼に応えられる自分になること。」
やっと、ふっきれた。
2008年12月の晴れがましい自分に向かってスタートだ!
posted by taku at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。