2008年06月23日

ヘリコプター

080623_1058001.jpgお客様のところで、決算見通しを立ててたら、バリバリと凄い音が。
見上げると、ヘリコプターがビルの上でホバリング。救助訓練だそうで、勇敢な乗組員がするするとロープで降りて、逃げ遅れたと想定した人を釣り上げてた。
ヘリコプターは現在法定耐用年数5年だが、かつては2年だった。
これは、前も書いたかもしれないがバブル長者が節税のため、こぞってヘリコプターを買いあさったためだ。
あの当時のバブルは、国内だけで、土地、株式が対象だったので、欲を出さない限り庶民には影響がなかった。
けど、今のバブルは、全世界的、かつ、石油や食料が対象だ。欲もなにもない庶民が、こてんぱんにやられる時代になってしまった。新自由主義の行き着く果てが見えてきた。
過剰流動性の前に、神の見えざる手なんてなかった。
posted by taku at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック