2010年08月24日

ミアネヨ

100824_1836001.jpg8月もそろそろ終わりだ。焦熱地獄は相変わらずだけど、朝の冷気に、そして日暮れの早さにどこか秋の気配を感じる。
気のせいだろうが、家路を急ぐ人たちもなんとなく切なげに見える。自転車の彼女の帰りを待ってくれる人はいるのだろうか?

あのときもっと素直になっていれば・・・

前田有紀『ミアネヨ、ごめんなさい』


posted by taku at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。