2010年01月14日

ジェットストリーム

100114_0027001.jpg雪の夜、帰りのこと考えると自習室にも足が向かない。とかいっちゃって自習室に行ったのは、8月以来昨日だけなのでござんすが。とにかく、雪を言い訳にして、自習室再デビュー2日目にして、さっさと帰宅したわけね。根性なシィ〜!で、家では何故か妻がご機嫌斜めで、こっちとしても刺激しないように9時前にはとっとと布団に潜り込んだ。
ふと目が覚めると12時、ラジオをつけてみると、ミスター・ロンリーの調べに乗せてJALのジェットストリームが。おお、何年ぶりだろうか、この番組を聞くのは。その昔ちょうどこの季節にこの番組を聞いて、ふと外国に行くことを思いつき、その年の9月にヨーロッパへ二週間の一人旅をしたのだった。JALはついに倒産してしまったが、その当時から経営が思わしくないことはよく知られていた。外国に憧れてJALのCAになりたがっていたその当時の彼女に、ANAの方がいいぞ、とアドバイスしたこともあったっけな。結局彼女は、CAの道をあきらめ、外国在住の日本人と結婚することで外国への夢を果たしたのだった。
ところで、その頃のジェットストリームのナレーションは城達也さんだった。ジェットストリームといえば城達也、城達也といえばジェットストリームというほどのはまり役だったが、すでに亡くなって久しい。今でもファンは多く、音源が多く売られている。
それにしても、こうして夜中に過去のことを思い出してみると、ジェットストリームの甘い音楽もあいまって、ちょっと切なげな気分になってしまう。これでおセンチに流れてしまえば、それもカタルシスかとは思うのだが。


posted by taku at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。