2009年12月05日

オープニングパーティ

091201_2056003.jpg1日夜、大先輩で友人でもあるK氏の写真展のオープニングパーティに行った。個展会場の隣のA新聞のホールだ。地域の文化活動に貢献しているK氏らしく、各方面から120名以上の方々が来場された。その後、20名ほどで個展会場での二次会となった。氏の親しい友人たちとのことで和気藹藹の雰囲気の中でハモニカやギターの演奏も。そんな中、突然、K氏から写真展の「率直な」講評を述べろとの御指名が。周りの方々は、氏にとっては友人だが、私からみると大先生ばかり。A新聞の支局長もいる。当たって砕けろで、5分ほど講評した。具体的な内容は差し控えるが、現在の日本で表現者が置かれている現状と、その現状に対する氏の写真展の意義について話した。あまりメートルが上がっていなかったので、それなりにまとめることができた。貴重な経験をさせてくれたK氏に感謝したい。
posted by taku at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

気がつくと

091210_2026001.jpg9月頃だったか、ラジオを聞いていて、ふと気づいた。日本全国8時です。のスポンサーからトヨタが降りていることに。夕方の通勤時間帯の番組からもトヨタはいなくなっていた。
気をつけて聞いてみると、ラジオでは、すべての時間で民間のスポンサーが激減していた。
そして、しばらくはAC・公共広告機構のCMがその穴を埋めていた。
ところが今では、それも減り、著作権料が安そうなインストルメンタルのBGMが、虚しくスピーカを震わせることも多くなった。
なんだか来るところまで来たって感じがする。
春の来ない冬はない、この言葉を信じたい。
posted by taku at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

ベイキャンシー

091212_1838001_001.jpg師走の休日。
午前中、家の窓の掃除。レールを刷毛と掃除機で埃りを除去。網戸をはずし、ブラシで洗い、干す。乾くまでの間、ガラスをスポンジで洗い、ホースで水をかけ、ワイパーで水を切る。
乾いた網戸を取り付けて完了。
ひと休みして、午後からは釣り。一時間ちょっと粘る。かろうじてキモパンのカワハギくん一枚ゲット。写メはそのキモ。これから刺身をキモあえでいただきま〜す。
えっ?カワハギなんてどうでもいい?
試験の結果は?
あは〜、まだ来ません。
どっちにしろ明日にはわかるでしょう(^^ゞ
あわてない、あわてない。ポクポクポク・・
posted by taku at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

残念でした

091214_2028001.jpg今日、家に帰ったら通知来てました。

試験直後から、なんとはなしに感じていたのだけど、やっぱ詰めがあまかった。ある意味、予想通りの結果。
みんな、これまで応援ありがとう。申し訳ないけど、あと1年つきあってください。
ブログタイトルも「2010年12月税理士試験合格までの道程」に変えました。

てなことで、ご報告でした(^_^)v
posted by taku at 20:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

土佐醤油

091217_1936001.jpg読者の皆さんは、土佐醤油をご存知でしょうか?
土佐醤油とは、濃口醤油にかつを節を漬け込んだもので、これを冷奴にかけて食べるととてもおいしいものです。一般に冷奴にはかつを節とアサツキ、生姜などを添えて食べますが、これだと、かつを節のザラザラした感じが豆腐のなめらかな口触りを台無しにしてしまいます。そこで、土佐醤油の登場です。醤油にかつを節の旨みが溶け込んで、程よく豆腐となじみます。この食べ方は、何かの本で読んだのですが、正鵠を得たものです。
ただ、この記事を書く前に、土佐醤油についてネットで調べてみたところ、醤油とかつを節という単純なものではなく、みりん等を加えたりして、もうすこし念がいったものがj数多く紹介されていました。でも、まあ、思うにその方法だと、やや甘いかなと。写メは、手製の土佐醤油。ちょっとわかりにくいですが、醤油の小出しにかつを節が入っています。作り方は、上に述べたように実に簡単です。かつを節を入れっぱなしで傷みやすいので、保存は冷蔵庫に。ぜひ一度お試しあれ。
posted by taku at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

忘年会2題その他

091218_2133001.jpg18日、19日と連続で忘年会がありました。18日は職場の忘年会で、19日が学校のそれ。
写メのビンゴは職場のもの、結果は最下位。カスリ具合が私の今年の税理士試験の結果とよく似ていて苦笑い。
学校の忘年会は、若い人が多くて、とにかく賑やか。今年は、会計科目の受験生が健闘し、ダブル合格者もいて、ヤンヤの喝采。税法科目は、消費3、相続1(官報合格)という結果で、やや沈痛な雰囲気。若者の元気をもらった私達高齢者組も、来年に賭けようと誓い合ったのでした。それから、国税徴収法の受験生とお話することができ、心強く思いました。これからは、いろいろ相談出来そうです。
ところで、22年度の税制改正大綱が発表されました。
酒税法と国税徴収法については次の改正です。
まず、酒税。いわゆる地ビールの税率の特例割合が20%から15%に減額。次に国税徴収法。いわゆる子ども手当について差押を禁止することとした。
以上です。特に騒ぐほどの内容ではありません。粛々と勉強を進めていくことにしましょう。

ついでですが、法人税法で特殊支配同族会社の業務主宰役員給与の損金不算入の規定が廃止です。個人事業を法人化することによる租税回避行為を防止しようとしたこの規定、とにかくわかりづらく、欠損金がある場合など、手書きで申告書を書くことなどまずできないのではないかというぐらいの、実務家からは評判の悪い規定で、税理士試験でも「捨て」の論点。財務官僚の優秀な頭脳の結晶のような規定で、措置法ではなく本法に入ってたのにあっという間に廃止。自民党政権だったら、きっと廃止ではなく適用停止だったでしょうが、立法実務を担当された官僚の方は、さぞ複雑な思いでおられることでしょう。
posted by taku at 07:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。