2007年08月01日

デジピ

070801_2252001.jpg仕事から帰って家で答練解きなおしてたら、頭に血がのぼった。
でもって久しぶりにデジピに向かった。初心者向けにアレンジされたノクターン。何度もつまずく。
でもなんとか弾けてすっきり。
posted by taku at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

ファイナルチェック

070802_2112001.jpgファイナルチェック2回目、ネットで本校の先生の講義を確認する。今の世の中世界中どこにいても同じ条件で勉強できるんだね。
JRの切符を買って宿の予約をした。試験会場近くのTACの自習室もOKとのこと。
いよいよだなぁ。
posted by taku at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

試験室に持ち込めるもの

070803_1837001.jpg受験票には「筆記具、計算器具(そろばん又は計算機、ホチキス及び昼食以外は試験室に持ち込まないこと。(中略)携帯電話、ポケットベル等は試験場では電源を切ってください。」とあります。
試験場というのは、○○大学等の構内のことで、試験室というのは教室のことのようです。ということは、○○大学の門をくぐったらケータイの電源を切らなきゃなんないし、教室には汗ふきタオルとか時計も持ち込めないってことじゃん。
昼食はいいのにタオルも時計もダメってどういうこと?
タオルはいいとして、時計がアウトなのは困りました。う〜む、腹時計で頑張るしかないか。
とかいいつつ、http://taccess.seesaa.net/article/26338622.html
で紹介したタイマーの調子が悪くなって新しい時計を買いました。今度は980円奮発しました。
100円ショップのタイマー君にもずいぶんお世話になりました。だけど分の表示が時々消えちゃうんだよね。電池も入れ替えてみたけど、ちょっと無理みたい。9ヶ月間ありがとう。本番頑張るからね。
ところで、ホチキスって商標だったんじゃ・・・ステープラーか金属式綴り器ですよね。
時計の下の理論集は、移転価格税制の追加分。移転価格税制の適用による更正決定があった場合に納税者が租税条約の相互協議の申し立てをしたときに、租税条約の相互協議の合意による更正のあった日の翌日から1月間の間に限り、当初の更正決定で納付しなけらばならなくなった税額について納付を猶予することができるという規定のページです。猶予というからには担保を徴することや、取り消しの事由、猶予期間にかかる延滞税の免除も定められている。
こう書けば簡単だが、答案には理論集どおり書かなくてはならない。
それがつらいところです。


posted by taku at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

ボンボン作り

070804_1655001.jpg地域の夏祭りに使うボンボン作りをやらされた。これが結構体力仕事。後3日だというのに、ヤレヤレ。
ところで勉強累積時間が700時間を超えた。さあ、あともうひとふんばり。
posted by taku at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

人事は尽くした

070806_2043001.jpgこのゴミの山が今日までの722時間の集大成。受験勉強には人事を尽くした。あとは試験に全力を投入するのみ。とかいってまだ明日がある。最後の最後まで頑張ろう。
posted by taku at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

出発

070807_0858001.jpg簿記の試験が始まった。娘たちはまだ夢の中。24時間後は私の番だ。行ってきます。
posted by taku at 09:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ありがとう

070807_2046001.jpg7時過ぎまでTACの自習室で粘り、ホテルへ到着が7時半。ひと風呂浴びてホテルの食堂に行ってみるとなんとホルモン焼き屋だった。
この燃える炎の勢いで合格間違いなし。
というわけで試験前最後の更新。読者の皆さん応援ありがとう。頑張ってきます。12月14日をお楽しみに(^_^)v
posted by taku at 20:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

完全燃焼

070808_1601001.jpgともあれ、本試験は終わった。結果はどうであれ、今回の試験において悔いはない。人事を尽くしてに続く言葉、そう、天命を待つだけさ。
な〜んちゃて、カッコつけてますが、ホントのところヨレヨレです。昨夜は1時間おきに目が覚めるし、マジ疲れました。今日はゆっくり休みます。

試験の問題は25ページ、答案用紙が10ページ。
理論は、今年改正になった資本的支出の取り扱いと、いわゆる種類株式の交換、それに寄附金。資本的支出は来年度以後に適用になることについての設問があり、面喰った。種類株式も面喰った。寄付金も公益法人についての設問で面喰った。結局全部面喰った。計算は、いつもの答錬と違って問題数が少なくて面喰った。なんだかんだいって、理論計算とも面喰った。ただ、他の受験生もみんな面喰っただろうと思えるところが救いかなって感じ。

それはさておき、今日は二人の女性とばったり会った。
一人は、帰りの列車の中で。ぼろぞうきんのようになって座席に座っていると、美しい客室乗務員さんがにっこり。ううん?あれ?見覚えのあるお顔です。ああ!あらあら、この前まで高校生だったうちの近くの娘さんじゃござんせんか。時の経つのは早いですね。私がおじさんになるはずです。
もう一人は、なんと、試験監督。相続税の調査で半年間お付き合いした調査官でした。局に転勤してたんですね。調査の時は最終的にかなりこちらの言い分を聞いてくれたいい人でした。こちらも試験開始前に目が合ってお互いにっこり、世間はせまいものです。

ところで、実はブログの管理画面にはアクセス数が表示されるのですが、受験勉強開始以来の総IP数は2万をこえ、ページビューは4万を超えています。このアクセス数が背中を後押しししてくれたといっても言い過ぎではありません。また、コメントを下さった数少ない皆さん
伏してお礼を申し上げます。まだまだ、受験勉強は続きます。今後も宜しくお願いします。

posted by taku at 16:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

一夜明けて

070809_1839002.jpg昨夜は神経がたかぶってなかなか寝付けなかった。朝になって凡ミスに気づいた。
夕方、子どもたちと待ち合わせて、街にでた。
勉強しないというのになじめない。こんな日もあるのだろうが、いまひとつ調子がでない。ポップなディスプレイに少し元気をもらえたけど。
posted by taku at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

事故採点

070810_2045001.jpg専門学校の解答速報が発表されました。TACとOHARA、理論2問目の種類株式の交換の計算が両校により違っていたほかは特に差はありません。
自己採点してみました。結果からいうと、理論TAC26点・OHARA26点、計算がTAC29点OHARA27点。合計TAC55点、OHARA53点。合格可能性半々というところ。12月までのトレーニング決定ですね。やれやれ。

具体的に・・・
理論について、
資本的支出を資産取得とする原則と合算特例はセーフ、翌期以降の分は原則セーフ特例アウト、種類株式は、譲渡損益の原則はセーフ、交換の内容検討と計算はアウト、寄付金は、特定分がアウト、その他はセーフ。
計算について、
資本金等の増減、、みなし配当、租税公課、みなし以外の役員給与、工事進行基準の強制適用、同族会社等の判定等についてはセーフ。
所得税控除適用、工事進行基準の決算調整算入、5%到達資産の処理保留、圧縮特別勘定の分子を差し引き保険金で最大計算、法人税率適用がうっかりミスのアウト。これが「事故採点」8点分。
値引きについては、寄附金適用についての疑問のコメントを追加したこと、技術部長D氏についても技術関与だけでは経営従事とはいえない旨のコメントでみなし役員から外してしまったことが胸のつかえがあるところです。

ところで、理論2問目については、専門学校で答えがちがうということでなんといっていいのか、悩むところです。計算問題についても寄附金、経営従事の判断、特別勘定の最大計算、工事進行基準の申告調整等について色々判断があるところで、職場でも議論が分かれましたが、専門学校の答えが妥当なところなのでしょう。
以上が730時間の結果です。読者の皆様に一応ご報告まで。

試験のことはこれぐらいにしておきましょう。しばらくは読書三昧したいと思います。

というわけで・・・・・

仕事帰りに寄るところがなくなって、本屋さんに行きました。
村上春樹訳のチャンドラーの「長いお別れ」を買いました。20年以上前に早川文庫で読んだことがあるハードボイルドです。
帰りのバスの中でさわりを読むと、訳者の作者への敬意の念が伝わってきました。お盆休みにゆっくり読もうとおもいます。



posted by taku at 20:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

ヘッジトリマー

070811_0843001.jpg受験勉強にかまけてほったらかしにしていた生垣の刈り込みをした。使う道具は「ヘッジトリマー」通称電気バリカンである。生垣に目安になるロープを這わせ、ババババーっとトリミングするのである。うちの生垣は総延長100メートルはあるので、刈り込み鋏でやってたら、いつ終わるかわからない。バリカンさまさまである。
ところで、賢明な読者諸氏はすでにお気づきのことと思うが、ヘッジトリマーのヘッジとは、法人税のBランク理論「デリバティブ取引」にある繰延ヘッジ処理・時価ヘッジ処理のヘッジと同じものである。所有資産の価格(税法語では価額)の変動による損失を防御する生垣がヘッジである。デリバティブ取引は本来リスクヘッジのためのものであったが、デリバティブ取引自体が目的とされるようになってきた。
だから、理論の文中に「損失を減少させるために有効であると認められるときは」の要件が入るのだ。「有効であると認められるときは」繰延ヘッジ処理では、原則期末時価認識すべきデリバティブ取引にかかる損益のうち有効部分をヘッジ対象資産の決済時まで繰り延べる。また、時価ヘッジ処理では逆に売買目的外有価証券の未実現損益のうちデリバティブ取引「益損」に対応する部分を認識するのである。
リアル生垣の刈り込みは半日で完了してお盆を迎える用意ができた。
昼からは、自分の頭髪のトリミングにいった。こちらもすっきりした。

posted by taku at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

宙ぶらりん

070811_0841001.jpg自己採点の結果がなんとも微妙なところんものだから、どうにも宙ぶらりんの感じで精神的によろしくない。どこかで気持ちを切り替えないと、このままの気持ちで12月まで進むのはとても耐えられそうにない。久しぶりの受験で、精根尽きたからかもしれないけど、過去の受験ではこんなことはなかったと思う。ほかの受験生の皆さんの気持ちが知りたいです。写真は庭の水鉢に咲いたホテイアオイの花、一日でしぼむけど懸命に咲いてくれます。
posted by taku at 18:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

カタルシス

070818_1056001.jpg更新に間が空いてしまいました。その理由は、なんだか十九、二十歳の書生さんが書くようなことですが、以下読んでいただければ幸いです。

実は、試験が終わってからずっとよく眠れず、食欲も落ちてしまいました。何をやっていても試験のことが頭に浮かんできて、ミスをしたことが悔やまれて、この11ヶ月の努力はなんだったんだろう、再チャレンジしたのは間違いだったんじゃないか、という思いにさいなまれました。
こんな状態が1週間ほど続き、もうこれ以上耐えきれないというとき、せめてもの気分転換にしようとプールに行った帰りのこと、急にこみあげるものがきて、車の中で大声でしゃくりあげてしまいました。泣いている間中、一度も休まず通った学校のことや自習室の様子、クラスメイトや先生のこと、答練で一喜一憂したこと、いろいろなことが頭に浮かんできて、涙と声と鼻水とともに流れ去って行きました。そしてふと気がつくと、これでよかったんだ、というさわやかな気持ちになっていました。
一昨日は学校に行って、これからのことを相談してきました。私のほかにも多くの人が相談に訪れていました。みんな同じなんだね。9月からの方針も決まりました。昨夜はよく眠れました。
それにしても、あの苦しかった1週間はなんだったのでしょう。ストレスとの付き合い方などが書いてあるパンフレットとか見ると、よく「頑張りすぎない」「ありのままの自分を受け入れる」なんて書いてあります。こんなのって、自分には無縁のことだと思ってたんだけど、私も頑張り過ぎだったんです。ミスした自分を受け入れられなかったんです。それを涙が浄化してくれました。
私の場合ラッキーだったのは友人に精神科医がいて、そいつが親身にアドバイスしてくれたことでした。本当に彼には感謝しています。また、この苦しみを知ったことで、苦しんでいる人の気持ちが少しはわかるようになりました。

ところで、私のことですが、月曜日発売の写真雑誌「日本カメラ」9月号の月例コンテストカラープリントの部に「夏の日」という写真がちっちゃく載ってます。そちらをご覧になると私のフルネームがわかります。興味ある方はどうぞ。

posted by taku at 10:58| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

愛は地球を救うの?

070819_2144001.jpg日曜日、友達と待ち合わせ。街頭では24時間テレビのイベント。欽ちゃんがかわいそうに思えた。だけどすごいゃ。尊敬します。
posted by taku at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

このところ

070822_2139001.jpgこのところのお気に入りのお茶。香りよしデザインよしでよく買っます。

今日は写真家の友人M君のスタジオに寄った。実に久しぶりだった。死んだかと思った、とまで言われた。おいおい、確かに死んでるようなもんだけど、そこまで言うか?
肖像権のことやらで議論になった。なんにしても人格を尊重することが肝要だよね、ということで意見が一致した。
posted by taku at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

最初のキスには

失意の中に読んだ村上訳「ロング・グッドバイ」は訳が丁寧で状況が良く分かった。かつて読んだ清水訳はそれぞれのシーンの訳はかっこよくてしびれるのだが、何が起こっているのかよくわからないきらいがあった。その点村上訳は小説の全体像がつかみやすい。

テリーレノックスがギムレットを片手に言うセリフがある。私が唯一原文を暗記しているところである。
The first kiss is magic. The second is intimate. The third is routine. After that you take the girl's clothes off.
これが、村上訳だと、
「最初のキスは魔法のようだ。二度目は心を通わせる。そして三度目は決まりごとになる。あとはただ相手の服を脱がせるだけだ。」
清水訳だと、
「最初のキスには魔力がある。二度目はずっとしたくなる。三度目はもう感激がない。それからは女の服を脱がせるだけだ。」
こういう場面の決めぜりふとなると清水訳に軍配だなと思うのは私だけかな。

おっと、そろそろ夕方五時。サントリーサタデイウェイティングバー アバンティー でも聞くとしますか。
でも、まだ外はまぶしいぐらい明るい。
「ギムレットにはまだ早すぎるね」

ところで、お気に入りに入れてるAKINSSさんのサイトがリニューアルされてます。傷ついたあなたのハートを優しく包んでくれますよ。



posted by taku at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

休日

070826_1812001.jpg070826_1755001.jpg070826_1606001.jpg朝から一番下の娘がバトミントンの試合。冷蔵庫の掃除とか済ませて、出番に合わせて会場に行くと2回戦突破。三回戦は力の差で涙。よく頑張ったよ。それから近くの港に行ってみる。好ましい男女交際カップルに涙。青春は永遠だね。ついでに釣り。25センチのカワハギクンがヒット。うちに帰って捌くつでいに包丁を研いだ。胆和えにして両親に振る舞いました。もちろん自分も頂いた。今日はそんな一日だったさ。
posted by taku at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

永久機関

070706_2200001.jpgこの人、いつもの飲み屋で意気投合した大阪のおじちゃん。なんとマジに永久機関の研究してるそうだ。
発想といい、バカ笑いの笑顔といい、負けちゃうなぁ。とはいえ、元気もらったのは確か。
やるぞ!といえるまであと一歩。
posted by taku at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

受験生

上の.jpg帰りの公園で若者がサッカーに興じていた。聞けば、川向かいの予備校の受験生だそうだ。頑張れよ。
posted by taku at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。